【妊娠初期】ようやくつわりも落ち着く?妊娠11週の症状と赤ちゃんの様子

妊娠11週目はいよいよ妊娠3カ月の終わりです。この時期のママと赤ちゃんはどんな変化がみられるのでしょうか。

妊娠11週目の赤ちゃん

妊娠11週目の赤ちゃんもぐんぐん成長していきます!3頭身になった赤ちゃんは、エコーでみると人の姿をしていてかわいらしいです。では赤ちゃんの様子をみていきましょう。

大きさはどれくらい?

妊娠11週目の赤ちゃんの大きさは約5~9㎝、体重は20~30グラム。妊娠初期の赤ちゃんの大きさにはあまり個人差がないといわれています。そのため、この時期の赤ちゃんの頭殿長(赤ちゃんの頭からおしりまでの長さ)を参考に、出産予定日が変更になることがあります。妊娠週数を数えるための最終月経日は自己申告なので、赤ちゃんの大きさと数週に大きなずれがあれば、正しい出産予定日に変更される場合もあるんです。

脳や臓器の基本が完成!

脳や心臓、肺などの器官形成がほぼ完了します。腎臓の機能も安定し、赤ちゃんが飲んだ羊水は尿として排出されていきます。でも羊水の中は無菌状態。尿も無菌で、羊水の中はいつでも清潔に保たれています。さらに、まぶたや鼻が形成され、人の顔になっていきます。

手足を動かす練習?

脳機能の基礎が完成している赤ちゃんは、羊水の中で元気に動きます。エコー検査では手足をバタつかせ、「原始歩行」という歩く練習をしている赤ちゃんの姿がみられるかもしれません。ママのおなかを蹴って、胎動を伝えてくれるのももうすぐ…!?

胎児ドックが受けられる

ママは赤ちゃんがちゃんと成長しているか不安に思うことがありますよね。妊娠11週目になると、胎児の先天性の病気を調べる「胎児ドック」を受けられる産婦人科が増えます。

胎児ドックとは赤ちゃんが健康に育っているか妊婦健診よりも詳しく調べる、任意の検査のことをいいます。種類はいくつかありますが残念ながら保険がきかないため、費用は全額自己負担になります。

胎児超音波スクリーニング

胎児超音波スクリーニング検査とは、いつものエコーよりもより詳しく赤ちゃんを調べます。この検査により、染色体疾患や心臓の病気などの可能性を発見することができます。100%の確率で診断できるわけではないので、染色体疾患の可能性が指摘されれば、羊水検査へ進むことがあります。胎児超音波スクリーニング単独の費用としては1万円前後が多いようです。

新型出生前診断(NIPT)

新型出生前診断はママの血液検査です。ママの血液から赤ちゃんのDNAを分析することで染色体疾患を調べることができます。

具体的に調べられる疾患は以下の三つです。

1.ダウン症候群(21トリソミー)

21番目の染色体に異常があることから21トリソミーとも呼ばれる。21トリソミーの特徴としてつりあがった目や低い鼻など特有の顔つきをしており、発達遅延、心疾患などの合併症をもつことが多い。心臓などの合併症は治療が可能で、平均寿命も50歳以上といわれている。

【21トリソミーの3つの型】
標準型21番目の染色体が3本ある状態(通常は2本)。21トリソミーの約95%が標準型。
転座型21番目の染色体が他の染色体とくっついている状態。親が転座染色体を保因している場合遺伝する可能性がある。
モザイク型21番目の染色体が2本と3本、両方の細胞で構成されている状態。21トリソミーの中でも数パーセントと珍しい型。

2.エドワーズ症候群(18トリソミー)

18番目の染色体が1本多いことから18トリソミーとも呼ばれる。発達遅延や高い確率で心臓の疾患や複数の合併症があり、生存率も短いケースが多い。

3.パトー症候群(13トリソミー)

13番目の染色体が1本多いことから13トリソミーとも呼ばれる。発達遅延や高い確率で心臓の疾患や口唇・口蓋裂など複数の合併症があり、産後1年の生存率は約10パーセントともいわれている。

検査の精度は非常に高いといわれていますが、陽性の診断が出た場合、確定させるための羊水検査を受ける必要があります。また費用も高く、約15万~21万かかります。

妊娠11週目のママ

安定期がみえてきた妊娠11週目。だんだんとママも妊婦らしい体つきになってきています。この時期のママの様子はどんな感じなのでしょうか。

ふっくらおなか

服の上からでも膨らんでいるかな?と感じ始めるおなかですが、子宮の大きさはこぶしより一回り大きいくらいです。普段つけている下着ではきつく感じ始めるかもしれません。胸も張ってくるので、あまり締め付けないよう妊婦用の下着をつけるのもおすすめです。

つわりのビッグウエーブが過ぎる?

つわりには個人差があるので、まだまだつわりに悩まされている妊婦さんもたくさんいます。しかし、つわりのピークは妊娠11週目までに過ぎるという妊婦さんが多いようです。つわりの終わりが見えてくるとほっとしますよね。

腰痛を感じる人も?

妊娠中は「リラキシン」というホルモンの分泌が増え、出産のために関節やじん帯をゆるませます。そのため腰を支える筋肉に負担がかかって腰痛になる場合があります。

さらに、赤ちゃんが成長しそれにともない子宮も引っ張られるように大きくなるので、腰や骨盤に痛みを感じることも。痛みがひどいようなら医師に相談しましょう。

妊娠11週のおすすめの過ごし方

妊娠11週のママの体調は個人差がとても大きい時期。体調によって過ごし方も違ってくると思いますが、赤ちゃんとママに優しい毎日を心がけましょう。

バランスのよい食事を

つわりがひどい時期は食べられるものだけを食べていた人も多いと思います。しかし妊娠11週目でつわりのピークを越えた人は、食事のバランスを考えるようにしましょう。妊娠中は貧血になることも多いので、鉄分やカルシウムなどを積極的に摂取し、ママと赤ちゃんのためにも栄養が偏らないようにしたいですね。

葉酸は摂り続けよう

葉酸はおなかの赤ちゃんの神経管閉鎖障害などを防ぐとされていて、妊娠前から摂り続けていた人も多いでしょう。赤ちゃんの神経系が完成したから、もう摂らなくいいかな…なんて思ったら大間違い!葉酸は赤ちゃんだけではなく、ママの貧血や妊娠高血圧症候群予防にもなるといわれています。ママが貧血だと赤ちゃんに十分な栄養が運べなくなりますよね。

また、葉酸は産後の子宮の回復も促すといわれています。葉酸は出産後まで摂取し続けるのが理想です。

激しい運動は避ける

つわりが落ち着いてくると、だんだんと普段の生活に戻っていきます。しかし妊娠中無理は禁物です。激しい運動やおなかを圧迫するような動きは避けましょう。もうすぐ安定期といっても、妊娠11週はまだ妊娠初期の段階なので無理をすれば流産をする可能性もあります。

おわりに

妊娠11週にたどり着くまで、つわりがあったり、赤ちゃんがちゃんと育つか不安を感じたり、ママはとっても頑張っています!次の週からはやっと安定期。無理は禁物ですが、安定期に入ったらママの好きなことを楽しんで、ストレスフリーで過ごしたいですね。

葉酸サプリ比較編集部
葉酸サプリ比較は葉酸サプリ選びに迷っている妊活・妊娠中の方をサポートする情報サイトです。おすすめの葉酸サプリのレビューや口コミ、人気ランキングのご紹介だけでなく、基礎知識やコラムなども幅広く掲載しています。