つわりの症状がひどい…それって妊娠悪阻かも?症状や原因まとめ

妊娠初期にみられるつわり。吐き気や嘔吐(おうと)、食欲不振などその症状に悩まされる妊婦さんは少なくありません。

つわりは病気ではないから、とつらくても我慢してしまいがちですが、

「あまりにも症状がひどすぎる・・・」

という方は「妊娠悪阻(おそ)」かもしれません。

妊娠悪阻とはつわりの症状が重く、医療機関での治療が必要な状態まで悪化することを言います。 我慢しすぎて手遅れにならないためにも、その症状やつわりとの違いを把握しておきましょう。

つわりとどう違う?妊娠悪阻の症状

つわりと妊娠悪阻の間には明確な線引きはなく、自分ではわかりづらいのが難点。つわりの重さも個人差があるため、つらくても「たまたま自分が重いだけかも」と思ってしまいます。
病院での妊娠悪阻の判断基準は症状の重さや脱水症状の有無、体重の減少、また尿検査でのケトン体の有無などがあります。

つわりが妊婦さんの50~80%に起こるとされているのに対し、妊娠悪阻は1~5%とかなり低い確率になっています。また出産を経験した人よりも初産や多胎妊娠(双子など)の場合になりやすいとされています。

妊娠悪阻の3段階の症状

妊娠悪阻は3段階で症状が悪化します。

第1期

常に嘔吐を繰り返します。胃の中がからでも胃液や胆汁、血液などを吐くことも。
同時に吐き気で食べ物を食べられないため体重も減り始めます。飲み物も受け付けない場合は脱水症状による口の渇きや皮膚の乾燥も見られます。

第2期

食べられないことにより飢餓状態に。人は飢餓状態になると体内の脂肪を分解しエネルギーに変えますが、この時ケトン体が尿中にあらわれます。このケトン体が陽性であることで妊娠悪阻と判断されます。さらに体重の減少、血圧の低下なども見られます。

第3期

頭痛、めまい、視力障害、不眠、幻覚などの脳神経症状があらわれます。ここまで悪化すると母体に危険が及ぶため、やむを得ず中絶するケースも。しかし第3期まで症状が進むことはごくまれです。

妊娠悪阻の原因

妊娠悪阻はつわりが悪化したものなので、その原因も同じです。ただしつわりの原因はいまのところはっきりとわかっていません。

着床をきっかけにヒト絨毛性(じゅうもうせい)ゴナドトロピンというホルモンが分泌され、ホルモンバランスが崩れるためという説が有力ですが、急な体の変化によるストレスやママの体が赤ちゃんを異物と判断してしまうためとも言われます。

病院へ行く基準は?

お話ししたように妊娠悪阻なのかどうかの自己判断は難しいのですが、病院を受診する目安として以下の項目が挙げられます。

  • 1日に何度も吐く
  • 水も飲めない
  • 体重が急激に減る(数日で5キロ以上)
  • トイレの回数が極端に減る
  • 日常生活を送れない

以上のことに心当たりがあればすぐに病院に相談しましょう。このような症状が出ている場合、病院に行くこと自体がつらいのですが早めの治療が大切です。サポートをお願いできる人がいないか探してみましょう。

妊娠悪阻の治療方法は?入院が必要?

点滴による治療

ブドウ糖の入った点滴で水分と栄養を補給します。このときビタミンB1、ビタミンB6を一緒に投与する場合もあります。口からの栄養摂取は一時中止し、徐々に再開します。

入院での心身の安静

ストレスが妊娠悪阻を悪化させているケースもあるため、入院し日常生活から離れることで心身のリラックスをはかります。入院期間や費用については症状によりさまざまです。

食事指導

点滴による治療により口から栄養をとれるようになった場合、また軽度の場合は食事の仕方によって症状が回復します。少しずつこまめに食べる、脂肪の多いものや刺激の強いものは避けるなどの指導を受けます。

薬剤治療

それでも症状が回復しない場合は薬での治療をすることも。薬は赤ちゃんへの影響が心配されますが、安全性が確認されているものを使うので心配はいりません。

赤ちゃんへの影響は?

妊娠悪阻は栄養が満足に摂取できなくなるため、赤ちゃんにも栄養が届かないのではと心配になるのは当然です。しかし、妊娠悪阻による赤ちゃんへの影響は現在まで報告されていません。重度の妊娠悪阻だった場合、赤ちゃんが低体重で生まれたという報告もありますが、ごくまれです。

赤ちゃんはママの体に蓄えられている栄養で十分成長することができるので、栄養を摂取できなくてもあまり影響はないとされています。気にしすぎてストレスをためてしまうことのほうがかえって悪影響になってしまうこともありますので、まずは気持ちを落ち着かせることが大切です。

とはいえお話したように悪化すると最悪の事態になってしまいますので、早めに治療を受けたほうがいいことは確かです。

まとめ

妊娠悪阻はあまりなじみのない言葉なので、周囲に理解されにくいかもしれませんが立派な病気です。症状があまりにつらいときには無理せず病院を受診しましょう。
「みんな経験しているから」と思って我慢していると取り返しのつかないことになってしまいます。

楽しいマタニティライフを送るためにも、くれぐれもがんばりすぎないようにしましょう。

葉酸サプリ比較編集部
葉酸サプリ比較は葉酸サプリ選びに迷っている妊活・妊娠中の方をサポートする情報サイトです。おすすめの葉酸サプリのレビューや口コミ、人気ランキングのご紹介だけでなく、基礎知識やコラムなども幅広く掲載しています。