葉酸サプリの副作用は?飲んでも安全?

葉酸サプリを飲むうえで心配なのが副作用ですよね。サプリを飲むことで体に悪影響はないの?と気になる方も多いはず。
ここでは葉酸サプリの副作用について、詳しくご説明します。

過剰摂取による危険性

葉酸は水溶性ビタミンの一つです。
この水溶性ビタミンは体内に余ってしまっても尿などと一緒に排出されますので、副作用がでることはほとんどないと言っていいでしょう。しかし、大量に葉酸サプリを摂取してしまうと副作用が出る危険性があります。

厚生労働省は妊娠初期の摂取すべき量を1日640µg(マイクログラム)としています。妊娠の有無にかかわらず通常の食事でとりたい240µgに加え、サプリで400µgとることが推奨されています。

一方、過剰摂取量は1日1000µgとされています。倍以上とかなり多い量ですね。

 基本摂取量付加量上限
妊活中~妊娠初期240µg400µg1000µg
妊娠中期~後期240µg
授乳期100µg

ほとんどの葉酸サプリは規定量で1日に必要な葉酸がとれるようになっていますので、用法・用量を守っていれば過剰摂取になることはありません。効果を期待してたくさん飲む、なんてことはくれぐれもしないようにしましょう。

ではもし過剰摂取を続けるとどうなってしまうのでしょうか?
主な副作用としては以下のものがあげられます。

  • 食欲不振
  • 不眠症
  • 吐き気
  • むくみ
  • かゆみ
  • 呼吸障害
  • アレルギー症状

これらの副作用は葉酸に体が過敏に反応して起こるものです。葉酸には造血作用がありますが、過剰摂取によって血管が拡張され、心拍数を高めてしまう危険性があるのです。
これが副作用につながる症状を引き起こしてしまいます。

また細胞を活発化させる作用もある葉酸ですが、過剰摂取によってがん細胞まで活性化してしまう、なんて危険性もあるのです。

過剰摂取を続けると赤ちゃんがぜんそくになる?

副作用はママだけの問題ではありません。場合によってはおなかの赤ちゃんに影響がでる可能性もありますので、注意が必要です。

妊娠後期(妊娠30~34週)に1日1000μg以上の過剰摂取を続けると、赤ちゃんが小児ぜんそくになる危険性が高まる、という研究結果がオーストラリアで発表されました。

このことから妊娠後期に葉酸を取るのはあまりよくない、といううわさもありますが、これはあくまで過剰摂取を続けた結果です。きちんと1日の量を守っていれば危険性はありません。

またこれはモノグルタミン酸型葉酸、つまりサプリからの摂取に限った研究結果です。
「食事からもサプリからも葉酸をとったら1000µgオーバーしてしまうのでは・・・?」と心配してしまうかもしれませんが、食事から摂取できる葉酸は水や熱に弱く調理の過程で失われやすい特徴があります。
吸収率も悪く50%ほどしか摂取できないため、過剰摂取の心配はほとんどないと言っていいでしょう。

葉酸は妊娠初期から出産後まで継続してとりたい栄養素。時期によって理想的な摂取量が変わってきますので、きちんとその量を意識することが大切なんです。
なんでも「過ぎる」のはよくない、ということですね。

過剰摂取を防ぐポイント

それでももし知らず知らずのうちに過剰摂取していたら・・・?なんて心配な方もいるかもしれません。
そんな方は以下のポイントに注意しましょう。

  • きちんと用法、容量の記載のあるサプリを選ぶ
  • 規定量オーバーの海外製サプリに注意
  • 間違えて飲みすぎないよう、飲んだことを忘れずチェックする

また、これ以外にもサプリを選ぶときは

  • 余計な添加物がはいっていないか
  • ビタミンAなど身体にたまってしまう脂溶性ビタミンに配慮されているか

も重要なポイントです。

おわりに

葉酸サプリは過剰摂取に気を付けてさえいれば副作用の心配はほぼないと言っていいでしょう。
そのためには安全な葉酸サプリを選ぶこと、しっかり規定量を把握することが大切です。体にいいものでもやりすぎはかえって悪い影響を与えることも。赤ちゃんの健康のために、きちんと用法・容量を守ってサプリをとるように心がけましょう。

葉酸サプリ比較編集部
葉酸サプリ比較は葉酸サプリ選びに迷っている妊活・妊娠中の方をサポートする情報サイトです。おすすめの葉酸サプリのレビューや口コミ、人気ランキングのご紹介だけでなく、基礎知識やコラムなども幅広く掲載しています。